HOME > 初段の壁を破る発想転換法

a  初段の壁を破る発想転換法

 著 者:小林 覚(こばやし・さとる)

 出版日:1995年11月
 ページ:226
 サイズ:B6判
 本体価格:1000円
 ISBN:978-4-87365-104-0
 分 野:中盤
 棋 力:有段者向
 シリーズ:棋苑囲碁ブックス

【内容】
 初段はアマの夢。その夢を達成させるためには発送転換がいちばん。目のつけどころは三つあると小林。有段者にも役立つ内容。

【目次】
 序 章 発想転換・三つのポイント
 第1章 大所高所から定石選択をしよう
 第2章 俗手に気付こう
 第3章 攻防の急所を見逃すな

【著者紹介】
 小林 覚(こばやし・さとる)
 昭和34年、長野に生まれる。41年、木谷実九段に入門。49年入段。62年九段。55、56年第4、5期留園杯連続優勝。57年第13期新鋭戦優勝。 62年第2期NEC俊英戦優勝。平成2年第3期IBM杯優勝。2年第15期から17期まで、三期連続で小林光一碁聖に挑戦。 7年第19期棋聖戦七番勝負で趙治勲棋聖に挑戦し、四勝二敗で破り棋聖位を奪取。同年第42回NHK杯戦初優勝。同年第20期碁聖位。 8年第5期竜星戦優勝。9年第8回東洋証券杯準優勝。同年第2回三星火災杯世界オープン戦準優勝。10年第5期アコム杯戦優勝。 兄弟は四人とも棋士。小林千寿五段、健二七段、孝之準棋士二段姉弟の末弟。

ページトップに戻る