HOME > 清成流戦いの法則

a  清成流戦いの法則

 著 者:清成哲也(きよなり・てつや)

 出版日:2012年5月
 ページ:272
 サイズ:B6判
 本体価格:1300円
 ISBN:978-4-87365-307-5
 分 野:中盤
 棋 力:有段者向
 シリーズ:棋苑囲碁基本双書

【内容】
「相手の石が両方とも弱くなる場合は切断するが、一方が強い場合は無理に切断しない」
これが切断や分断する時のたった一つの法則です。逆の見方をすれば、
「自分の石が両方とも弱くなる場合は連絡するが、一方が強い場合は無理に連絡しない」
ということになります。
「清成流戦いの法則」はたった一つ。この法則を身につけて応用するだけで、飛躍的に棋力アップを図ることができ、誤って理解している戦いの常識から解放さ れて、正しい戦い方ができるようになります。(まえがきより)

【目次】
 第1章 清成流戦いの法則
 第2章 清成流・次の一手
 第3章 どの手が悪いか
 第4章 総合問題集

【著者紹介】
 清成哲也(きよなり・てつや)

 昭和36年、宮崎県に生まれる。倉橋正蔵八段門下。51年初段。61年九段。55年第5期新人王戦決勝三番勝負に進出。平成4年第36期関西棋院第一位 決定戦優勝。7年第42回NHK杯戦準優勝。16年第48期関西棋院第一位決定戦優勝。21年第34期棋聖戦リーグ入り。アマ指導には定評があり、平成4 年にNHK囲碁講座の講師を務めた

ページトップに戻る